思い出をつなぐ施主支給品

こんにちは、スタッフのAです。
今回も、現在工事中の『船橋海神の家』のお話をさせて頂きます。

こちらはご実家の和室で使われていた床柱です。建主より「想い入れのあるものなので、大切にどこかに使いたい」とのご希望があり、でしたら和室へ、と再利用することになりました。
元の落とし掛け(床の間などによくある小壁の下を支えている横木のこと)があった部分に穴が空いていたりもします。

気密検査の為にお伺いした日、丁度この竹柱を設置してみよう、というところに立ち会ったのですが、立ててみると長さが若干足りない!
ですが、大工さん達はその場ですぐに解決策(しかも複数案でした、すごい)を出してくれました。そして、結果の写真がこちらです。

ぴったり納まりました!
(天井から床までワンカットで写っている写真が手元になく、お見せできないのが残念です……)

竹の一部を切り取り、高さが足りなかった部分をつないだとのことですが、言われても継ぎ足し部分がわからないほどの仕上がりです。
途中に空いていた落とし掛けの穴も、工夫して見えないように取り付けて頂けました。

最近は素材をヴィンテージ風に加工して、かなり『それっぽい』ものもを作れるようですが、長年大切に使われてきたものにはやはり独特の風格があるように思います。

古き良きもの、良い材料との出会いは大切だな、と思う今日この頃でした。