地震のお話①と『東林間 免震の家』

こんにちは、ken-kenスタッフのAです。

予測できない災害への備えが必要です。
今、家創りを考える上でも災害への対策をお考えの方も多いかと思います。

『免震』『制震』『耐震』という言葉をご存じでしょうか?
震の字が入っているので、ご存じではなかった方でも見てなんとなくイメージできるかもしれません。
いずれも建物が受ける地震力への対策として用いられる技術のことを指します。

現在現場が進行中の『東林間 免震の家』では、タイトルの通りに免震構造を計画しています。
免震構造とは、免震装置と呼ばれる装置を用いて地震の揺れが建物に直接伝わりにくくするものです。
建物に伝わる揺れを実際よりもかなり緩やかにすることができます。

木造の個人宅での免震構造の採用は珍しく、今回のプロジェクトを通じて必要な手続きなど
様々な事を学ばせていただきました。

今後の更新もどうぞお楽しみに。