N邸 長野県軽井沢

趣味を思う存分楽しめる十分な採光による寛ぎの空間

「父親の事業を継いでまたそれは大変だったのですが、やっと自分の時間をとれるようになったので、自分の趣味を楽しめる家が欲しくなったんですよ」と言う。

「元々、父親が南軽井沢に別荘を持っているので、軽井沢にはたまに行っていたのですが、ちょっと不便な場所なんですよ。そこで今回は軽井沢駅に程近い、とても便利な土地を購入しました。土地を購入し、自分の趣味を存分に楽しめるような家を希望していました。」

しかしその後が大変でした。最初に進めていた建築会社では自分の希望が通らず、理想の別荘を建てたいのに様々な制限をかけられて。結果的にその建築会社はキャンセルし、たまたま自分のイメージ近い家を作っていられる建築家の河辺近さんを知り、世代が近くセンスも気に入ったので、彼に依頼することに決めたんです。

そして軽井沢の地元で十分な実績を持っている笹沢建設に頼なことになったんです。

総合ディベロッパーである笹沢建設と河辺さんの組み合わせにより、Nさんの希望は、十分に満足できるほど反映されるように。

 

%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a215「前の建築会社ではオーダーメイドといっても実際は色々な制限があって、思うような家にならなかった、それではフルオーダーの意味がありませんよね。この家のデザインでこだわったのはまず、自分の趣味であるオーディオやホームシアターを存分に楽しめるスペースが欲しかったこと。取引先や会社の人間を呼んでパーティーを開けるような十分なリビングスペースも必要でした。また、将来的に両親が住むことになるかも知れないので、家としての基本性能の高さにはこだわりました。蓄熱式の暖房はレンガを暖めて放熱させることによって、家全体を暖かくしてくれるのでとても快適ですね」

冬場は4駆を駆って近隣のスキー場に行くのが楽しみだという。車庫にもこだわりがあり、室内からも存在が見える造りになっている。「軽井沢はほんの少し場所が変わっただけで住み心地がずいぶん違います。湿度も低く、角地であるために十分な採光を得られるこの場所だからこそ、様々なところから明かりを採り入れたこの家のデザインがより活かされました」